長岡店長のブログ

韓国の漬物といえば?


いつもお読みくださりありがとうございます。

すっかりと肌寒い季節になり体の不調が出る人も多いのではないでしょうか?

疲れや、肌がかさついたりと季節の変わり目は大変でいつも困ってしまう、、、そんな時はしっかりと休むことが大事ですよね。

休養と一緒に栄養を取ることも大事なのはもう常識ではありますが、私はよく食べる事だと思っています。

中国には『医食同源』と言う考え方がありますが韓国には『薬食同源』と言う考え方があります。

これは簡単にいうと、食べる物を間違えれば病気になり間違えなければ病気はおのずと治るという事です。

漢方薬などに代表されるこの言葉は実践する事は中々難しいかもしれませんが、一つ考えたのは韓国の漬物、『キムチ』なら手軽にいつでも食べれる健康食ではないかと思います。

韓国のキムチはおよそ100種類以上あると言われ、乳酸菌やビタミンBなども含まれ健康にも美容にも良い食品です。

当店は大根、きゅうり、白菜のキムチがありますがそのどれもが手作りなのはいうまでもありませんが、季節によって微妙に味付けが違う事を皆様はご存知でしょうか?

こういうと語弊があるかもしれませんが、本来野菜には旬があり、美味しい時期とそうでない時期とがあるのです。美味しい時期には唐辛子の旨味を受け止める野菜の甘みがありしっかりとした味付けに答える素晴らしいキムチが出来上がります。

逆に時期でない野菜には旨味が足りず、甘みもありませんのでその野菜が受け止めれる味付けと不足する甘みを補う材料を足さなければ美味しいキムチになりません。

キムチにレシピはありません、いや、レシピを作れないのです。

『キムチは生きている』

私が修行時代によく言われた言葉です。

そしてキムチには作り手の味がでます、試してみませんか?

 

美味しいから幸せ  幸せになれて楽しい  それが幸楽苑です。

コメントする


次のタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバック

トラックバックURL: https://yakiniku-kourakuen.com/blogs/431/trackback/