石焼きピビンパのスープは何のため?

2017.10.23 | 未分類

いつもお読みくださりありがとうございます。

山々にも秋が訪れ、長袖の洋服が活躍する日々がまいりました。 この時期になると鍋などの温かいものを体が欲しがるようになり、『サムゲタン』と共に『石焼きピビンパ』もお客様に喜ばれています。

石焼きピビンパといえばもうすっかりおなじみになる韓国の定番料理になっていますね、熱々のおこげが香ばしく焼きおにぎりのようなどこか懐かしさも覚える味はファンも多いのではないでしょうか?

さて先日の事、お客様の中に石焼きピビンパの食べ方をご存知ない方がおられました。

 

まず席に届いたらすぐにスプーンでしっかりとかき混ぜましょう。  時間をおくと底が焦げ付いてしまうのでここは手早くしましょう、韓国では丼物は何でもよく混ぜます。

次に取り皿に必要な量をとりわけ、味わいます。  必要以上にとってしまうと周りの皆様からクレームがくるかもしれませんよ。

ある程度食べ進めたら付属のスープを少し入れて底のおこげをふやかして取り分け、最後にスープと一緒に食べましょう。

 

さて皆様、お分かりの方もいらっしゃると思いますが、スープは石焼きピビンパを『食べるため』のものです。

付属のワカメスープはそのため味付けが通常のスープとは違います。 

そのままスープとして飲むより石焼きピビンパに入れて石焼きピビンパを引き立てるためにお使いくださいませ。

そしてぜひ石焼きピビンパを存分に味わいくださいませ。

お客様のお越しをお待ちしております。

 

美味しいから幸せ  幸せになれて楽しい  それが幸楽苑です。