おもてなしの焼肉

2020.03.07 | 未分類

いつもお読みくださりありがとうございます。

早いもので3月になりました、例年に比べ、暖かく穏やかな日が続き桜も今年は早く咲くことと思いますが、お客様はいかがお過ごしでしょうか?

 

 入学や卒業、歓迎会や送迎会など多いこの時期ですが、例年になく新型の脅威で中々そんな雰囲気になれないのではないでしょうか。

しかし多数の集まっての会とはいかなくとも、見知った方々と楽しい食事をしたいと考える方もいらっしゃることと思います。

そんなおりに当店をご利用されるお客様にはおもてなしの心を持ってお迎えしたいと私は考えております。

 

しかし『おもてなし』とはなんぞやというところから私は考えたことがあります。

『おもてなし』とは一説によると『表裏無し』つまり心に表も裏もなく一心にて接すること、という語源があるそうです。

 またおもてなしとは茶道の心からきているとも言われ『一期一会』今この時の出会いやご縁を一度きりのものと捉え、まだ見えていない方に対しても心地よく過ごしていただく事に心を砕き、決して主張せず控えめに接するものという事だと捉えています。

中々に実践することは容易ではありませんがスタッフ一同『おもてなし』を改めて共有していこうと話しております。

ホールスタッフはもちろんのこと厨房にとっても『おもてなし』ということはできるもので、私はお客様の注文内容を見ながらお客様の好みを想像し、1組1組のお客様に対して『このお客様ならこうした方が良いのではないだろうか?』と考えながら時にお客様に先にお出ししても良いか確認しながら取り組んでおります。

 

技術いっぺんではなく心がけを大事にお客様をお待ちしたいと思います。

 

美味しさから広がる幸せをみなさまに。